スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

無線LAN~

今日は、ルーターを買いに電気屋へ行ってまいりました。

その電気屋での盗み聴き。
A「なぁ、お前無線LANのことわかる??」
B「うーん、あんまりわからないけど、お前子機買うの??」
A「おれの、やつ無線付いてないんだよ」
B「うーんどれかっても変わらないと思うけど」
A「動画とかサクサク見たいんだよね」
B「じゃぁ、早いの買っておけば!300Mbpsのとか!」

っという会話…
うーん、僕には300Mbpsっていうのが意味あるのかわからないよなぁ。
っというのも、ネット上にある動画を見るという目的である場合
ネット
 ↓
モデム         ←契約により速度が変わる(例:光100Mbps、ADSL~50Mbps 最近は1Gbpsも )
 ↓
アクセスポイント    ←器械により対応している速度が変わる(11Mbps、54Mbps、150Mbps、300Mbps)
 ↓              ↕相互関係あり    
無線子機        ←器械により対応している速度が変わる(11Mbps、54Mbps、150Mbps、300Mbps)


という流れで無線LAN接続のPCに動画がくるわけで、ネットの速度化変わる要素は単純に考えても三つある。
つまり、単にいい子機を買ったからと行って動画が快適に見れるというわけではない。
特に、アクセスポイントと子機には相互関係があり、片方が対応していないものは駄目である。
つまり、対応していないものを買っても無意味ということがわかる。

さらに、モデムは最近になって1Gなどというものが出ているがまだまだ光というのが主流という
ことを、加味すると300Mbpsというのはネットに関しては無駄ではないだろうか。
なにせ、通信速度を測定するサイト利用して…100Mbpsって表示見たことないよね??

個人的にはインターネットを目的とする場合旧規格の54Mbpsで十分だと思うわけです。

とわいえど、電波の強度を考えるとアクセスポイントが対応していれば最新規格の300Mbpsでもいいのかも。

まぁ、何が言いたいかっていうと、無線ランの子機を選ぶ時は、
速度は54Mbpsあればいいから、あとは家のつくりとアクセスポイントの対応でそれ以上いるのかどうか考えれば
いいというわけです。まぁ買いに行くことがあるかわからないけど、買いに行く時はこの辺を把握してから買いに行くのがいいかと。
後できれば、アクセスポイントと子機は同じ会社で!設定がらくになるかも!

電気屋に行くと、いろいろしゃべりたくなって大変さぁ。
スポンサーサイト
  1. 2010/05/20(木) 23:46:47|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<win7 問題発生?? | ホーム | 地デジチューナーは調子悪い?>>

コメント

すいませんすいません10base-tですいません本当に生きててすみません・・・
  1. 2010/05/21(金) 04:02:59 |
  2. URL |
  3. Nissy #EybeWf1w
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://konnsukenomori.blog75.fc2.com/tb.php/205-15a35770
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。