スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今季二度目の北海道

はい、題名のとおり、北海道に来ています。
えと、観光とかならよかったのですが、お盆ということで今日は納骨です。
えーまぁ、あれです。今年は私に年賀メールは禁止です。また、年賀状も禁止です。もっとも、私に年賀状を送ってくれる人は少ないわけでありますが・・・。

 前置きはさておき、今回の旅行についていってみます。
飛行機編
 今回使用した会社はANA。お高い飛行機で・・・。いつもならAIR DOとかそういう安いところを使用するのですが、今はお盆期間中で安いところは満席というわけではないでしょうか。
そんなわけで、初(?)ANAです。機内に入ってみてびっくり、なんと客席が広い。ここだけで感動しましたね。そして、キャビンアテンダントの数もいつもなら5人ちょいしか見ないのに、ぱっと数えて7人もいましたよ。運行中ずっと歩き回って安全確認してましたしね。やっぱり違うな~と思うわけです。
 私の座った席は左手に窓のあるのですが、後ろに一人、前に一人、右横に二人赤ちゃんを確認。
そう、飛行機の中で赤ちゃんの存在の確認は必須。なぜって?そら赤ちゃんですから泣くわけです。それはもう、時と場所を考えずに自由に。これは恐怖ですよ?12時間フライトで、すぐ隣に赤ちゃんとか言ったらもう、ガクブル物です。夜泣き声で起こされたりするわけで、脅威としかいえないです。
今回は4人だけど、一時間半のフライト。そこまで怖くはない。だけどさすがにうるさい。そこで私のイヤホンの登場。音さえ出さなければちょっとした耳栓代わりになるのですよ。ジャックからプラグを抜き、耳に装着。離着陸時は電子機械は使用禁止ですからね。注意されたときにプラグを抜いているところを見せれば、問題はないはず。そんな訳で、ずっとそうしていたのですが…運行中は何もお咎めなし。
着陸して、機内から出る最中。もう問題ないだろうと思ったそのとき、
「お客様、機内では・・・あ、ありがとうございます。」
まさかのお咎め?運行時でもなんでもない、このタイミングで?って不意打ちでした。

ホテル編
 今回泊まったホテルは、札幌グランドホテル。その名のとおりかなり、高級そうなホテルです。
まず、外観。一瞬押されそうになるほど入り口が豪華。そんなこといっても、どんな物だか伝わらないぜ?って話ですよね。というわけで、こちらがその写真…ってこともなく、今日は疲れたので、明日に回します。 入ってみても、ちょっとすごいホテル名わけですよ。部屋まで案内人が着いてきたところにはびっくりしましたよ。
さてさて、せっかく案内人がいるのです。ここで質問をしないとだめでしょ?そんなわけで一言。
私:「あの、このホテルの総面積はどのくらいですか?」
案内人さん:「え…面積ですか?えと・・・」
 見事に詰まった。まぁ、それもそのはず、ホテルに来て面積を気にする人はいない筈なのです。
案内人さん:「えと、部屋の数は511室。収容人数は一千人です。」
 と、それらしい答えを変わりに返してくれました。(あー数字はちょっと確かじゃないですけど、そのくらいの値です。)
妹:「あ・・・流してください。」
まぁ、妹は、また訳のわからない質問しているよってあきれて、冷たい反応を見せてくれるわけです。
どうして、そんなことを気にしたのか、そこが重要ですよね?
 案内人さんといいますと、ホテルの中を一日中歩いているわけです。つまり、一日でホテルの全フロアーを回ることになることもあると思うのですが、そのときどのぐらいの広さを歩くのかということに気が行ってしまったわけです。そんなところから出てきたのが、ホテルの面積です。まぁ、そんな発想するのか?というのもありますし、それによって私にどんなメリットがあるのかというのは、非常に疑問であります。うーん、もうちょっと笑える質問を目指して、がんばりたいと思います。

夕食編
 今回は、前から母親お勧めのススキノにある海商に行ってまいりました。海鮮、お肉のバイキングです。お値段も四千円くらい。絶対個人では食べに行かないところです。しかし、ラム、カルビ、カニ、ハマグリ、カキという豪華なバイキング。お値段の価値はあるというものです。命いっぱい食べさせていただきました。お店の人のおはなし、赤字だそうで・・・どうやって、運営しているのか気になりました。まぁ、もうちょっとしたら店舗縮小しているかも?です。でも味はおいしかったです。お店から、出てきたおばさんは、カニを三杯も食べた人がいらっしゃいまして、さすがって感じです。
こちら、その食べ終わったあとの残骸です。
080816_203737.jpg
帰りは時計台を見て帰ってきました。

札幌の町のつくりは碁盤の目のようなつくりをしていまして、テレビ塔と大通り公園を境に東西南北と分かれていて、それぞれから通りで数えて南3条西2という風に決まっているようで、非常にわかりやすいです。ちょっと感心しました。

この辺で失礼です。

コメントありがとうございましたのコーナー
007さん>ええ、記念の写真って違いますよ?ちゃんとサイトに使われてますよ?このゴーヤとそして、一番上の写真も・・・どこに使われてるって?ロゴにw(わからないですよねw。

スポンサーサイト
  1. 2008/08/17(日) 00:17:48|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<北海道二日三日目編 | ホーム | 夏だ!一番!お料理だ!…ゴーヤ編>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://konnsukenomori.blog75.fc2.com/tb.php/100-70c03a6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。