スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

富士山への挑戦!!

 題名にあるように、26-28日で富士山に行ってまいりました。実際に行っていたのは26,27です。
 
 ことの始まりは、今年の夏の旅行先をどこにしようか、という話を大学でしていたところ。
「前回富士宮だったから、今年は富士山登っちゃう?」
という発言が、きっかけ。旅行幹事様が良いホテルを発見し、実行という、ノリで決定したわけである。

 さて、ここからが日記の始まり。
26日
 朝10時に集合しエンヤコラとホテルに向け出発。ついたのは山中湖付近の、このホテル↓
P1030819.jpg
なかなか、感じのいいホテルだ。しかし、道が面倒でくねくねした山道を登ってようやっと着く山の上のホテルなのである。部屋からの風景はこんな感じ↓
P1030844.jpg
はい見事に曇ってしまっていまして、ちょっと残念な風景です。しかし、晴れていればかなりいい風景になっていることは間違いないと、思うのであります。
さて、そんなホテルでお泊りっていう訳ではなく、今日から富士山にいくですよ。初日のホテルは荷物置きですね。
 さて、五合目からからの登山となるわけですが・・・ついたらそこはもう雲の中…しかも小雨であります。せっかくの写真もフラッシュ使用すると水滴が乱反射したものしか取れないという始末。
仕方ないので行きの写真はあきらめです。5合目から6合目まではそこまでかからずにつけましたね。
確か、6合目ついたのは19時くらいでしょうか、時計の確認をしていないので正確な時間は不明です。6合目の安全指導センターというところで、登山ガイドをいただく…
rot.jpg
これを見ると…六合目から本八合目までの各区間の所要時間が60分 100分 80分 80分となっている。さらに休憩を含めると、各時間に+30分とのこと。さぁ、長い旅の始まり始まりですよ。
 
六合目~七合目
 この間ほぼ砂利道。上から遠くまで光が連なっているのが見える。一番上に見えているのは八合目辺りとのこと、実際に見ると結構唖然とします。しかしですね、頂上を目指すから唖然とするわけで、五合目を目指せば少し気が楽になるわけですよ。つまり、帰ってくることを目指すわけです。
「登山において、ゴールは山頂ではなくホテルなのですよ。」
ってよく言われますよね?(言われてなかったらどうしよう)
この間代替50分くらいではなかったでしょうか…途中に休憩をぽつぽつ入れながらで、そのくらいでついてしまいました。この間覚えているのは、階段が面倒というところですね。

七合目~八合目
ここからが、本ルートで一番長い道のり、途中は岩山ばかりで二足歩行より四足歩行の方が楽という事実。しかし、まばらに山小屋があるため以外に長さを感じない場所でもありました。さてこの辺から部隊は三つに分かれることに、先行組と後続組そもそも、人の歩くペースは違うために先行組に合わせると早すぎたり、後続組に合わせると逆に疲れたりする人が出てしまうため、途中の山小屋で顔を合わせる形をとり行動。
 そして、この間のポイントは空がきれいなこともポイント、ちょうど雲の上に出ているために曇り空とか気にせずに星を堪能できました。本当は撮影もしていたかったのですが・・・一眼など持っていないという都合であきらめモードです。次回の目標を山頂撮影にしてみたいと思います。
 ただ難点は、完全に岩を登る形で…ちょっと面倒な場所で、若くなければがつがついけない場所でもあると思います。そして、この時途中の休憩でライトをなくしてしまいました…。そもそも、今回私はライトを使っていなかったのですが・・・休憩の際に荷物の中見た時にどこかに置いてきてしまったものと思います。

8合目~本八合目
 ここが実は一番つらい区間かも・・・岩山を抜けたのはいいのですが・・・ほぼ平坦で風邪から身を守る場所がない…したがって、壁の陰に友人たちと固まって休憩するということの繰り返し。
ジグザグ担っているので、大体折り返し二回に一回休憩というのが私のとった休憩方法だったりします。そうそう、この休憩の際にに丸まっていたら、「岩に擬態ですか!」と突っ込みを受けたのですが・・・以外にあったかいのでお勧めです。
 さて、本八合についた時点で重要なことに気がついたのです。なんとその時点での時間は24:30近く…完全に早すぎる。この調子で山頂に行っても日の出は05:15ということで3時間少々時間を山頂で潰すさなければいけないということ、さすがに何もないところで、ちゃんとした防寒装備なしに三時間の時間つぶしは危険なため、ホテルに入ることにちょうど仮眠3000円のホテルを発見し、そこで三時間ほど休憩。若干一名外で待機していた方がいますが・・・。

本八合目~九合目
 起きたのは3:30そこから、山頂を目指すわけですが・・・外にいた一名が完全に凍えていてビックリ。でも生きていて安心しました。さて、大体ほとんどの人が起きていて山道は人でごった返していました。さて、個人的に一番つらかったのがこの序盤、起きたばかり+風が強かったせいか、うまく息ができず喘いでいました。なんせ、体はあったかいのですが、肺が冷たい…結構つらいですね。
 半分を過ぎたあたりでしょうか、完全に空は白みをおび、日の出が近づいている。しかし山頂はまだ遠く見える。ご来光までに山頂に着くのはあきらめました。途中何度も絶好の観察ポイントを発見しそこで、休みながら見ようとも思っていました。そんなところ、友人の一人が、
「まだいける、あの鳥居がゴールだし、白みを帯びてから結構時間がかかる!」
との一声で、また目指すことを開始…途中には団体様の長蛇の列がございましたが・・・
若さを生かし、ほとんど人の通らない道を選んで追い抜きを決行。山頂に到着は5時ちょうど位…。まだご来光はいらっしゃっていない。間に合いました。ついた直後の達成感は、たまらないです。
sanchou.jpg
そして、ご来光…
goraikou.jpg
八月27日の夜明けです。このときの感動は言葉に表せないです。
というより、私かなりハイテンションでした。うれしくなってつい叫んでしまいましたよ。
(友人から、頭抱えられましたけど・・・
でも、その後いろんなところから声聞こえましたので、アホは大勢いらっしゃいます。安心して叫びましょう。海に向って叫ぶより気持ちいいものですよ?さて、山頂の浅間大社奥宮で休憩をして7合目からセットしていたタイマーを見ると…9時間35分。睡眠を抜かすと…6時間。六合目から七合目の所要時間をたすと…約6時間50分での山頂到着です。疲れました。

下山
 火口を拝んで下山道に…下山道は急で砂利多い下り坂を永遠と下る形です。風景がきれいという以外は…ただしんどいだけです。個人的にここが最後の関門ではないでしょうか?
なんせ、距離が長い…(山頂から6合目まで)、さらに急な下り…。靴と歩き方、つえの付き方、休憩の取り方等大きく影響すると思います。行きと同じようにジグザグ二回に一回休憩というかんじのスタイルをとって下山ですね。足の運びは踵をからつま先に…踵がついた時点でちょっと押し込む感じ?
そうすると、ちょっとすべりくいかな?って感じですが・・・歩きなれないので…疲れます。
まぁ、風景を見ながらゆっくり下りるといいです。足壊しちゃいますよ?

さて、山頂から5合目までは約3時間46分でした。なんだかんだ言っても下山の方が早いですね~。


まぁ、大雑把ですが登山記録でした。
ここからは、ホテルに着いてからのお話…
ホテルに着いたのは11時40分くらい、それから温泉に行くという予定だったのですが・・・残念なことに、今は清掃中とのこと・・・残念です。部屋に備え付けのシャワーでさっぱりして昼飯を食べに行くことに、お昼はラーメンだったのですが・・・味は最悪でした。伸びてる・・・ダメーポ。
お口直しにおにぎりを買って、ホテルへ。
その後、富士サファリパークのナイターへ…
 係りのお兄さんに「フラッシュOKです。じゃんじゃん撮ってください!」と言われたのですが・・・
入口の看板には、窓は絶対に開けないで下さいとのこと…フラッシュ使ったら、窓に反射されて…真っ白やんって突っ込みを入れたくなりました。フラッシュなしでとると…シャッター切ってから下りるまで…10秒近く…無理だ…撮りまくりなんて無理…。横に大きくぶれた写真が撮れるだけ…
 しかし、実際はフラッシュ焚きまくりの車が多くびっくり、最近のデジカメは…反射補正でも入っているのかと思うくらい…まぁ、何のことないただ窓開けていただけですけどね・・・ダメダメですよね。さらに、動物のいるところでたいてい止まるので、軽く渋滞です。特にカップルの車はほかの車を考えずに止まっているため停車時間が長い…馬鹿みたいに長い…。でも大半の車はカップルなので…デートで動物園はまだ有効であるということがわかりました。(いく相手がいないのは秘密

さて、その後ホテルに帰って温泉。そして爆睡。起きて温泉。そしてお菓子パーティ…
帰宅って流れで、長い旅の終わりです。今回の旅行は何かが得られた気がします。
そんなわけで、今回はこのくらいに…
ってまぁ今回は追記もありますので…よかったら見てくださいね><
[富士山への挑戦!!]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2008/08/29(金) 18:46:46|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

彼女募集中なのだ!! オス(逆からローマ字で)!!

はい、私も、そろそろ彼女がほしいな~と思うようになりまして、ブログ上で正式発表いたします。

って、そんなわけないです。いやね、前回のサバゲの時にリア充がどうとかいうお話がありましたから、私もそんなようなことしてみようかな?と思ったわけです。
23日に同総会があって、そこでリア充みたいなことを、と思ったのですが、さすがに無理。あれは、ちょっと違う。ってなわけで、作戦は失敗。だから、まぁネット上で…って話ですよ。
(痛すぎる、激しく痛すぎる。

さて、ネタに困ったから、やってみたけど実際やってみて面白くないって話ですね。
友人しか見に来ないこの場で…そんなこと言っても捕まるのは…たぶん広告だけだしね。
そんな、現実を見ながらも更新している私は誰でしょう?
頭の中では「そんなは私は、だれ? どこからきたの?どこえゆくの?」って歌が流れてます。
(この歌知ってる人いたらびっくりだね。その道の人か相当の読書好きしか知らないと思う。


 さて、上の一発ネタだけじゃつまらないので、もうひとつネタを…
最近、弁理士を目指してみようと安易に思ったのですが。予備校がない。
 さらに、googleで検索しても出てくるのはLECの宣伝のみ。他のサイトはどうした?話です。
本に書いてあったサイトに行ったのですが・・・作りが、古い。ネットではあまり宣伝してないみたいです。しかも、日にちはあるけど、何年のものだかわからないから、信用もできないっていう罠。
この予備校大丈夫かな?っていうのが多々あり、正直不安です。
もう、大手でいいか?って感じになってます。つまり、選ぶ余地ないじゃんってわけなんですね~。
 しかし、資格自体は、国家資格だし合格率6%という超難関だから、もっといろいろあってもいい気がするのですが・・・。どうもそうはいかないみたいです。
 ってネタじゃないですよね。

ネタね・・・ネタね・・・ネタがない。orz

あぁ、そういえば、遊戯王の9月ルール…
禁止に混沌と次元融合入りましたね。
デッキ一個消滅しましたとさ。
まぁ、悪用乙って感じのカードですからそんなものですかね~。まぁ、あまったスリーブで何デッキ作るか迷い中です。悪魔族デッキでも行こうかな?。マリシャスエッジ主軸で作ったらいい感じでは?
それとも、天魔神とかあまり使われなそうな…あとは、最近はやりのアンデットとか?チェスデーモンで作るのも面白そうです。

いろいろ考えちゃいますよね。
  1. 2008/08/25(月) 21:34:01|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北海道二日三日目編

はい、昨日は親にPCを持っていかれ更新はできなかったです。
そんなわけで行ってみましょう~

え~二日目(17日)の本日はこの旅行のメインの日でございまして…
お墓に行ってまいりました。約10年ぶり昔は帰っていたような気がするのですが、中学に入ってからめったに帰ることがなく、今日久々に変えることになりました。
 御墓にもいろいろございまして、使っている素材、蓮華の有無、段数、そして縦長か横長か…とまぁ見ていくとかなりの種類がございます。で今回気になったのは家紋。私の家は「抱きみょうが」という円の中にみょうがが二つ入ったものなのですが・・・これと似た家紋が他にも4っつ発見。しかもよく似ている。違うところといえば、葉の形だけみたいなもの。そんなんで家紋を判別できるのか?ってって思ってしまうくらいです。しかし、親の話では似た家紋はたくさんあるけど、家ごとに少しずつ異なった家紋となっているから同じってことはまずないとのこと。
そこで思ったのが、家紋で間違い(?)探しこれは面白いとおもう。(罰あたりかも)
 さて、三日目の今日…飛行機は19:25。それまでの予定を聞くと、自由と来た。
これは不意打ちですね~。マジでどうするよって感じでした。しょうもないので、午前中は大通り公園で骨董市をみて、午後は父親と一緒に従兄の家にお邪魔してましたとさ。もうちょっと前から知っていたら観光でもしたかも?

骨董市では、いろいろ売っていたのですが・・・中でも今回探したものは茶釜。専用の台が付いているものもあったのですが・・・いかせん、高い。5桁ですよ?軽くアンティーク入ってますよ…。
そこで安いやつ安いやつって探してますと…おじさんに、「この茶釜どうよ?狸だよ?ぶんぶん茶釜だ。」と声を、かけられ…目をやると。確かに狸…そしてかわいい…。
頭の中では「はぅぅぅ、かわいいよぉぉぉ。お持ち帰りぃぃ。」っと流れてしまいましたとさ。
chgama.jpg
その茶釜がこちら。かわいいでしょ?

えー、ねむいのでこの辺で失礼です。(短いけど…眠いのです。
最後に札幌と言えば時計台ですよね?
そんなわけで夜の時計台を…
時計台
うーん、あのね。使っているカメラは。ルミックスなんだけど、夜はちょっととるの苦労するね。三脚ないとほぼ失敗するし、フリーハンドだと軽すぎてぶれる。たまに、一眼がほしくなるけど、高くて買えない。昔と比べてD80安くなっているけど、それでもまだ手が出ないです。


 
  1. 2008/08/19(火) 01:16:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今季二度目の北海道

はい、題名のとおり、北海道に来ています。
えと、観光とかならよかったのですが、お盆ということで今日は納骨です。
えーまぁ、あれです。今年は私に年賀メールは禁止です。また、年賀状も禁止です。もっとも、私に年賀状を送ってくれる人は少ないわけでありますが・・・。

 前置きはさておき、今回の旅行についていってみます。
飛行機編
 今回使用した会社はANA。お高い飛行機で・・・。いつもならAIR DOとかそういう安いところを使用するのですが、今はお盆期間中で安いところは満席というわけではないでしょうか。
そんなわけで、初(?)ANAです。機内に入ってみてびっくり、なんと客席が広い。ここだけで感動しましたね。そして、キャビンアテンダントの数もいつもなら5人ちょいしか見ないのに、ぱっと数えて7人もいましたよ。運行中ずっと歩き回って安全確認してましたしね。やっぱり違うな~と思うわけです。
 私の座った席は左手に窓のあるのですが、後ろに一人、前に一人、右横に二人赤ちゃんを確認。
そう、飛行機の中で赤ちゃんの存在の確認は必須。なぜって?そら赤ちゃんですから泣くわけです。それはもう、時と場所を考えずに自由に。これは恐怖ですよ?12時間フライトで、すぐ隣に赤ちゃんとか言ったらもう、ガクブル物です。夜泣き声で起こされたりするわけで、脅威としかいえないです。
今回は4人だけど、一時間半のフライト。そこまで怖くはない。だけどさすがにうるさい。そこで私のイヤホンの登場。音さえ出さなければちょっとした耳栓代わりになるのですよ。ジャックからプラグを抜き、耳に装着。離着陸時は電子機械は使用禁止ですからね。注意されたときにプラグを抜いているところを見せれば、問題はないはず。そんな訳で、ずっとそうしていたのですが…運行中は何もお咎めなし。
着陸して、機内から出る最中。もう問題ないだろうと思ったそのとき、
「お客様、機内では・・・あ、ありがとうございます。」
まさかのお咎め?運行時でもなんでもない、このタイミングで?って不意打ちでした。

ホテル編
 今回泊まったホテルは、札幌グランドホテル。その名のとおりかなり、高級そうなホテルです。
まず、外観。一瞬押されそうになるほど入り口が豪華。そんなこといっても、どんな物だか伝わらないぜ?って話ですよね。というわけで、こちらがその写真…ってこともなく、今日は疲れたので、明日に回します。 入ってみても、ちょっとすごいホテル名わけですよ。部屋まで案内人が着いてきたところにはびっくりしましたよ。
さてさて、せっかく案内人がいるのです。ここで質問をしないとだめでしょ?そんなわけで一言。
私:「あの、このホテルの総面積はどのくらいですか?」
案内人さん:「え…面積ですか?えと・・・」
 見事に詰まった。まぁ、それもそのはず、ホテルに来て面積を気にする人はいない筈なのです。
案内人さん:「えと、部屋の数は511室。収容人数は一千人です。」
 と、それらしい答えを変わりに返してくれました。(あー数字はちょっと確かじゃないですけど、そのくらいの値です。)
妹:「あ・・・流してください。」
まぁ、妹は、また訳のわからない質問しているよってあきれて、冷たい反応を見せてくれるわけです。
どうして、そんなことを気にしたのか、そこが重要ですよね?
 案内人さんといいますと、ホテルの中を一日中歩いているわけです。つまり、一日でホテルの全フロアーを回ることになることもあると思うのですが、そのときどのぐらいの広さを歩くのかということに気が行ってしまったわけです。そんなところから出てきたのが、ホテルの面積です。まぁ、そんな発想するのか?というのもありますし、それによって私にどんなメリットがあるのかというのは、非常に疑問であります。うーん、もうちょっと笑える質問を目指して、がんばりたいと思います。

夕食編
 今回は、前から母親お勧めのススキノにある海商に行ってまいりました。海鮮、お肉のバイキングです。お値段も四千円くらい。絶対個人では食べに行かないところです。しかし、ラム、カルビ、カニ、ハマグリ、カキという豪華なバイキング。お値段の価値はあるというものです。命いっぱい食べさせていただきました。お店の人のおはなし、赤字だそうで・・・どうやって、運営しているのか気になりました。まぁ、もうちょっとしたら店舗縮小しているかも?です。でも味はおいしかったです。お店から、出てきたおばさんは、カニを三杯も食べた人がいらっしゃいまして、さすがって感じです。
こちら、その食べ終わったあとの残骸です。
080816_203737.jpg
帰りは時計台を見て帰ってきました。

札幌の町のつくりは碁盤の目のようなつくりをしていまして、テレビ塔と大通り公園を境に東西南北と分かれていて、それぞれから通りで数えて南3条西2という風に決まっているようで、非常にわかりやすいです。ちょっと感心しました。

この辺で失礼です。

コメントありがとうございましたのコーナー
007さん>ええ、記念の写真って違いますよ?ちゃんとサイトに使われてますよ?このゴーヤとそして、一番上の写真も・・・どこに使われてるって?ロゴにw(わからないですよねw。

  1. 2008/08/17(日) 00:17:48|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏だ!一番!お料理だ!…ゴーヤ編

はいこんにちは~今日はですね。ゴーヤを買ってまいりました。
…なしてゴーヤ?なんてことは突っ込まないでください。まぁゴーヤが重要だったのですよ。

という訳でゴーヤです。
ゴーヤ
このゴーヤなのですが・・・私は苦手。。。つまりゴーヤチャンプルにはできない。
そこでネットを探したところ簡単なメニューが…その名もゴーヤジュース!!。

うーん名前だけならおいしそう…。
じゃぁ行ってみます。
手順一
ゴーヤの種やわた(?)をくり抜いて、大根おろしっぽくおろします。
oroshi.jpg
1/4で疲れました…そこで、機械を使わせていただきます。
oroshi2.jpg
で、完成品がこちら。
oroshi3.jpg
このおろしたゴーヤをグラスに入れ…カルピス、水、氷を追加してさぁ完成。
fin2.jpg
そして、感想は…
あ、甘い???いや…ニッガァァァァァィ!!
カルピスで、最初はだませれるけど、苦くてやってられない、しかも繊維がのどに来て苦さがよく伝わる…。
そして、騒いでる所に母様登場…
「こういうものは搾らないとだめよ?」
といって、搾ってくれました…邪魔な繊維が亡くなった…ジュースがこちら
fin4.jpg
味は、やっぱりまずい…色は奇麗でしたけどね…
はぁ…どうやらゴーヤは、だめみたいです。

とまぁ、料理なんだか遊びなんだか、わからなくなっていますが・・・まぁ報告でした。


  1. 2008/08/14(木) 15:33:32|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

奈落の花 

こんばんは
はじめにお知らせを…

前回デッキをなくしたといいましたが見つかりました。学校の図書館で…忘れていたようでした。
図書館の事務員に苦笑されましたよ。ちょっと恥ずかしいですよね。

 そして今話題の、ひぐらしのなく頃にを一期二期全部見終わりました。結構疲れたよ~、一日だいたい12話を目安に見ていたのですが・・・かなりつらいですね~膨大な時間が過ぎる過ぎる。

以後ネタバレ注意ですよ。
 感想は…テレビで報道されているほど…ひどくないと思いますね。確かに一期のお話はかなり残酷な内容のほうが多いですが・・・最後の一話はいい話だと思います。鉈姫と圭一の一騎打ちは見ものかも?いや…決着ついた瞬間が楽しいというべきでしょうか。
 二期は、古手さんのお話と鷹野さんのお話で進んでいますね。しかし、一期のような残酷な内容は多くなくむしろ、一期をまとめて言いたいことを言っていると思います。最も一期でやりすぎてしまったので、修正しているという見方もできるかもです。
 まぁ、良いほうで考えると一期で嫌な結果を示し、二期でそうならないためにどうしたらいいのかを訴えているといったところではないでしょうか。もちろん一期の後半でもちょっとだけ解決策を述べているような気もしますけど…。
 しかし、まぁこれはアニメを見ての考察なので…原作ではどういうことを述べているのかさっぱりですね。しかし巷で、お社様の祟りっていう話だからただの残虐な殺人ゲームのお話かと思って見ていたら、寄生虫のお話だなんでちょっとびっくりでしたよ。いや、まぁ話としてはまとまりがありますけど…。まぁ一期から想像するのはなかなか難しいな~なんておもいましたね。 いや…私はあまり考えるということをしないので、どうせ考えなかったと思いますけどね。


 今日のお話、今日は三菱重工の工場の見学に相模原まで行ってまいりました。一言で言ってしまえば面白かったですよ。しかし、問題は今日の工場見学で私が学べたこと…ツアーはただ工場の中を抜けるだけ…そこからどうやって学べばいいのか・・・私にはさっぱりでした。あえて言うなら。
1.機械系の工場の中はどこも大体同じ匂いがする。そして、ちょっとキーンと頭に響く。
2.人が歩く通路、人が出入りする通路が設定されていたり、足が巻き込まれそうな場所や自動で動くものに、巻き込まれるなとかの注意を呼びかける言葉が記載されている。また立ち入り禁止と書かれた下に、理由が書かれている。など安全を意識している。
3.各工程は流れ作業になっているが、流れの速さは製造しているものによって異なっているが基本的には、自動で流してある区間内で人が一つの作業を終了させるという。個人の技能が問われるものとなっている。
4.いろいろな、ものを作っているためか工場内はブロックで分かれている。一つのものを作っている工場ではすべて縦に並んでいて入口に材料、出口に製品がある場所もあった。
5.ものによっては、クリーンルームで組み立てられているものも存在した、しかしクリーンルームと言っていいのかちょっとわからないですが・・・ただの部屋のような感じがしたのですよね…。

まぁこんなところでしょうか・・・しかし上の項目が工学部の人間の発見と言っていいのかは疑問がある。今回の工場見学で私が何を学べたのか・・・疑問である。


さて最近暑いですね。私の部屋も暑いです。そしてPCも良く発熱しております。熱いです。ちょっとぼーっとなります。冬は凍えながら…夏は暑さに耐えながらのPC、今年も私とPCの季節との戦いは続いております…
 
  1. 2008/08/07(木) 20:05:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。