スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

MacBookAir・・・

気がついたら、一ヶ月以上放置している事実に気が付きました。

ついつい、書くの忘れちゃうんですよね。

とりあえず、MacBookAirを買ったので簡単にレビューを…

11インチモデルで、スペックはこんな感じ
CPU:corei5 1.6GHz
RAM: 4GB
HDD: 128GB(SSD)

利点
 ・薄い(17mm)
 ・タッチパッドの操作性が良い。
  (IPadと同じような使い方ができます。)
 ・SSDの利用で起動が早い
 ・BOOTCAMPを使用すればWINDOWS7がインストールできる。
 ・軽い(11インチモデルで1.08kg)
欠点
 ・USBポートが2ポートしかない
 ・優先LANポートが無い
 ・SSDであるため記憶容量が比較的小さい
 ・RAM及びSSDが基盤に埋められているため、後で増やすことはできない。
 ・corei5を使用しているせいかすぐ熱くなる。

利点、欠点はこんな感じかな。

ちなみに、WINDOWS-PCで近いものを探そうとすると以下のようなのがある。
レッツノートCF-J10
CPU:corei5 2.5GHz
RAM: 2GB
HDD: 250G

ちなみに重量は0.99kg 厚さは35mm

一概に言えないが、価格は両方共同じくらいだと思う。
MacBookAir+WIN7 pro 11.4万円
レッツノート    11,9万円

どうしてもwinじゃないと嫌っていう人以外は、マック買っておけばいいと思う。
いざというときは、BOOTCAMP使えばいいと思います。

しかし、持ち運びを考えないならば、これらのPCを選択する意味はない気もします。
持ち運ぶけどスペックいらない!なんて人は、atomが乗ったPCを買えばいいと思います。
ちなみにatomでも、ネット見たり、動画見たりするくらいなら十分すぎるスペックです。
(簡単なゲームなら動きますよ。)
価格は3万円台からあるので、手も出しやすいです。

ネットブックの画面も昔と違い結構大きなものも用意されているので、お手軽ノートとして使えると思います。

しかし、そうは言ってもMacBookAirの大きさ、サイズ、性能には感嘆する所があります。

ノートのタッチパッドって使いにくいってイメージだったのですが、Macのはこのまま使っていても
いいかもしれないって思えます。
それこそマウスなくてもいいかもと思えるくらいです。
ちなみにBOOTCAMPでもある程度、MacOSと同じように使えます。(とっても便利!)

あとは、厚みが薄いのもなかなか良いです。WindowsのPCは、分厚いPCが多いので(昔に比べるとましです。)
ちょっとしたスペースに入れられないことも多々あります。

それでいて、メインPCとして使ってもいいようなスペックを持ち合わせている所が魅力的かな。
最も、WINDOWS入れて使うにはSSDの容量がネックになりそうですが。

あとフリーソフトもwindowsと比べると少ないかもしれません。
(フリーソフトは使わなくても良かったりするので…デメリットにならないかもしれません。)

まぁ、こんなところでしょうか。
スポンサーサイト
  1. 2011/09/15(木) 00:19:13|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

win7 問題発生??

最近、win7を導入したのですが早くも問題発生です。
音楽が途切れる・・・しかもかなりの高確立で・・・
どうしたものかと悩み中です。

理由として考えられるのは、USBの繋ぎすぎ…6個
あとはマザボの問題

両方とも対応がかなり面倒な話しでございます。
  1. 2010/05/23(日) 11:45:03|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キーボード!!

ずーっと悩んでいたものをついに買ってしまいました。
↓こんなキーボードです
IMAGE_042.jpg
ささ、どんな感じでしょうか??

まぁ、コンパクトな仕上がり!!とか思いますよね??
それだけじゃないんです、!Aボタンの左側にご注目!
皆さんも、タイプしているとき思ったことがあるでしょう!
capslockがない!!はい、このキーボード通常の109日本語キーボードと違って。
文字領域以外が違う仕様なのですよ。前からちょっと試してみたかったのです。
でもでも、価格がメンブレンで約5000円、静電容量無接点型で約24000円と高ーーーーいんです。
なので、僕は買うのをためらっていました。

あ、一応補足します。
キーボードって実はいろいろなタイプがあるんです!
まず、キー配列!
通常お店で売っている物の大半はマイクロソフトの109ってやつです。
でも、本当はこれだけではなくって、大昔にはいろいろなタイプのキーボードがあったんです!
びっくりでしょ?
たまに秋葉原のジャンクコーナーを漁ってとそういう変わったキーボードが見つかるので、
漁ってみるとへぇーって思えるかもしれません。
別に楽しい話じゃないかもしれません。僕は楽しいけどね!

もうひとつボタンの話!
こっちの方はまだまだメジャーな内容です。
パンタグラフ、メンブレン 静電容量無接点型、メカニカル。
っとまぁ、巷で手に入るのはこんな感じ。
パンタグラフは、ノートに使われているキーボード!フラットなキーボードだね。
その他は、反対のフラットじゃないキーボードに使われているものです。
違いは、押し安さだったり、価格だったり、タイプ音だったりします。
一回お店に行って触ってみると、違いがわかります。
で、メンブレンが比較的安い、そして比較的押しにくいってところです。
もちろん、メンブレンでも高いのはあります!
秋葉原のクレ○リーに置いてあるので、見に行くといいです。

と、長いですがキーボードの捕捉でした。
まぁ、新しくキーボードを買った喜びの表現だと思ってください!
  1. 2010/04/24(土) 09:37:49|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

osのインストール!

先日久々にOSのインストールを行いました。
最近ご無沙汰でねぇ
やっていなかったんですよ。

さて、今回はコンパクトフラッシュにOSを入れました。
SSDのあるこの世の中にコンパクトフラッシュです。

いやぁ、企画自体は昔からあったのですが、全然進んでいなくってねぇ。
さて、私のメインPCにですね?
参考までに入れるPCの大雑把な性能を入れておくと
CPU:Core2Qaud Q6700
RAM:4G
こんな感じです。

そして入れるのはグリーンハウスの16G ×233です
つまりMLCっていうのかな?
あんまりOS入れるのには向いていないけど、大丈夫でしょ。

ってなわけで入れてみました!

まずインストールに4時間?
マジ遅いの。書き込み性能が悪いとわ聞いていましたが・・・遅すぎでしょって感じです。
さてさて、肝心の起動が終わったあとは!!
起動そのものは早いんだけど・・・途中途中で書き込みで詰まる
やってられないよ!というわけでネットで調べて対策をとりました
その名もEWF化!
これは、シリコンドライブに直接書き込まないでしばらくRAMに保存してwin終了時に書き込み
そのため、一番の問題である書き込みをOS終了時にまとめてやってくれるのだ。
はい、結果は確かに良好いい感じです。
しかし問題が・・・RAMは4Gなため、保存しておける要領には限界がある。
そのためキャッシュが一杯になって書き込みがすぐ始まる→オワタ
って感じです

さてさて、まぁ起動が早いので個人的にはホクホクなわけなのですが・・・
一つ問題が・・・1G超えるアプリケーション・WINアップデートこいつらをどう処理するか・・・
ちなみに300Mの書き込みには5分くらいかかっていたように思います。
つまり・・・だるい・・・
しかもじゃぁそういうのだけ別のHDDにと思ったら・・・
そこからうまく起動しないときた・・・
僕はあきらめたよ
もう
  1. 2010/03/11(木) 15:13:34|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

いやぁ 久々の更新です

ふぅ、卒業はできるみたいです。
でも論文終わってないっていうね!!
地味にピンチです。

どうしようかね?

最近ですね。かな打ちにハマってまして・・・
ローマ字入力で最初にブラインドタッチできるようになった頃くらいのスピードで
打てるようになったんですよ。幸せです。
なにせ、ひとつのキーで文字がひとつ打てるっていうのは魅力的です。

それでねひとつ発見したんです。
僕は、別に英語の位置を覚えていたわけじゃないってことです。
つまり、「ね」ならneってキーの押す順番を終えていたんです。
なので、英語になったときに打つ速度か落ちるんです。

というわけで対策が必要です。なにか考えないとです。
  1. 2010/03/05(金) 22:59:20|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。